主な包茎手術方法

悪徳な業者もあるんでs

いわゆる包茎手術商法と言うのですが、具体的にどのような悪徳行為をしてくるのでしょうか?


例えば、本来の包茎手術とは別に、

「より亀頭部分が大きくできる手術が50万で受けられますよ」

「プラス30万円で傷跡を一切目立たなくすることができまよ」などと言って、より高額費用がかかる手術を勧めてくるのです。


あるいは、そのような手術を受けさせるために、わざと包茎手術をいい加減に行うこともあります。

これが、まさに包茎手術商法なのです。

包茎手術の知識をある程度持っている人であれば、すぐにおかしいと気づくのですが、全く知識のないような人は、「受けた方がいいのかな」と思い、つい相手の口癖に乗せられてしまうのです。

その結果、本来の何倍もの費用を払う羽目になってしまうのです。


なので、場合によっては自分が騙されていることにさえ気づいていない可能性もあるわけです。

ここが、包茎手術商法の盲点だと言えるわけです。



では、包茎手術商法に引っかからないためにはどうすればいいのか?


一番は、治療費の相場を知っておくことです。


包茎手術においては、保険料が自己負担な手術の場合でも、治療費が30万円を超えることはまずありません。

つまり、50万や100万なんて費用が包茎手術にかかることなどあり得ないのです。