麻酔と包茎の関係性

局所麻酔が主です

包茎手術は簡単だと言われているのですがそれでもメスを使用する立派な手術になっているので麻酔を必要としています。


麻酔をするとなると不安になってしまう場合もありますのでどのような麻酔をするのかが気になります。

では包茎手術の場合はどのような麻酔をして手術をするのでしょうか。

包茎手術の麻酔は下記のような麻酔をして手術をしています。


包茎手術の麻酔で一般的になっているのが局部麻酔になっています。

局部麻酔は手術をする部分だけを麻酔して行う方法になっていて、歯医者の麻酔のようにその日に帰る事が出来ます。

入院を必要としていないですので仕事が忙しい方でも一日だけ休むようにして受けれるようになっています。

ただ、部分的な麻酔のなっていますので意識はあり手術をしている状況が分かるようになっています。

どうしても手術をしている状況を知りたくないという方もいらっしゃいますのでその場合は全身麻酔となります。

全身麻酔は大きな麻酔になっていますので身体に負担がかかってしまいますので入院が必要としています。


どの麻酔で手術をするのかは決められるようになっています。

ですのでその日に帰る事が出来る局部麻酔にするのかそれとも全身麻酔のするのかを十分考えてから決めるようにしましょう。