包茎手術の順番

病気になりやすいのか?

包茎を治すようにするのが一番となるのですが、包茎手術をすると病気になりやすいのではと思ってしまいます。

では包茎手術をすると病気になりやすくなってしまうのでしょうか。



包茎と病気の関係性は下記のようになっています。

実は包茎手術をして病気になりやすいのではなくて包茎になっているから病気になりやすくなります。

包茎の種類によってですが、包皮を剥けなくて亀頭を清潔な状態に保てないようになります。

そうなると汚れなどが溜まってしまいますので汚れの影響によって性病や炎症そして最悪の場合癌になってしまいます。

ですので包茎をそのままにしておく事が危険になってしまいますので手術などの治療が必要としています。


ただ包茎手術をしたばかりの場合は最悪の場合病気になってしまう場合があります。

包茎手術は簡単な手術とも言われているのですがメスを使用していますのでどうしても傷口が出来ます。

そうなると最悪の場合その傷口が化膿などをしてしまい感染症などの病気になってしまいます。

ですので手術をしたら感染症にならないようにする為にも清潔な状態を保つようにする事を必要としています。

病気になってしまう包茎を治すようにする包茎手術は手術後のケアをするようにして感染症などの病気にならないようにするのが一番です。